目指せ! 1億円!!◆株取引講座◆ >中級編−信用取引って?

中級編−信用取引って?

信用取引とは、証券会社に「委託保証金」を預ける事によって、
証券会社から資金や株券を借りて行う取引の事です。

信用取引では、レバレッジを効かせる事によって、自己資金以上の
取引を行う事ができます。一般的には自己資金の約3倍程度まで
投資する事が出来ます。

しかし当然レバレッジを効かせた時のリターンはおおきいものがありますが、
逆に見通しを誤ると、非常に大きな損出を出す事もあり得るので、
事前に確りと投資経験や勉強をしてから行う事をお勧めします。

また、信用取引には「追証」というのがあります。
これは信用取引で買った銘柄が、大幅に下落した場合に、委託保証金から
その評価損を引いた額が、約定値段の20%(委託保証金維持率)を
割った場合、その不足分を翌日以降の指定された期限までにこの20%を、
回復する金額分を入金しなくてはいけません。(証券会社によって誤差あり)

このように、非常にハイリスクハイリターンな取引手法で、
敷居が高いようにも見えますが、確りと事前に準備しておけば、これほど
便利な取引も無く、また色々と使える機能も多々存在します。

過度に恐がるだけでなく、確りと勉強して有効に活用して行きたい所です。






株取引講座へ戻る


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO