目指せ! 1億円!!◆株取引講座◆ >上級編−空売りって何?

上級編−空売りって何?

空売りとは、信用取引の「信用新規売り」の事で、実際には株式を
保有していない投資家が、別の投資家や証券金融会社などから
株式を借りてきて市場で売却することをいいます。

通常の現物取引では、買った株が値上がりすれば、その株を売却
する事で値上がり益(キャピタルゲイン)を得る事が出来ますが、
空売りの場合は、売りからいるル為に、株価が下がれば下がるほど
利益が出るようになっています。

つまりこれから株価が下がると思うものに、空売りをするのです。
相場の下落局面でも利益を出せる効率的な取引です。

しかし注意点もあります。

まず、現物取引と違い、6ヶ月以内に取引を完了させないといけない。
空売りの場合は、6ヶ月以内に反対売買(買い)する必要がある。

また、証券会社から株を借りて売るので、「貸株料」が掛かります。
その際信用で売っている人が多すぎて、株券の調達が困難に
なった場合に、「逆日歩」といって非常に高い貸株料を売り方は
払わなければいけません。

更に、空売りの損は無限大という事です。現物であれば幾ら損しても、
例え倒産してなくなったとしても、「0円」までです。つまり投資した金額
のみです。しかし売りの場合、株価が上昇を続ける限り、
損出は拡大し続けます。

確りとリスク管理できれば有効な投資法ですが、初心者が安易に
空売りを行うのは注意が必要でしょう。



株取引講座へ戻る



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO